ピアストラブル、その症状と治療ピアストラブル、その症状と治療

6.耳たぶにおできが出来た!耳介アテローム(粉瘤)

どんな病気?

耳たぶの中や耳の裏側にできる良性のおでき。皮膚の中にできる袋状のできもので、触れるぶよぶよしていて、よく見ると中央に小さな穴があります。袋の中は古い角質、つまり垢が溜まっています。できものを触っていると小さな穴から臭い中身が出てくることがあります。また、この穴から雑菌が入り炎症がおきると赤く腫れ上がりひどく痛むこともあります。

治療法は?

軽い炎症があるだけなら痛みや赤みを抑えるのに飲み薬が有効なこともありますが、酷く化膿すると皮膚を一部切開して膿を出す処置が必要です。これらの処置で炎症が治まっても袋状の部分が残るので、最終的には手術で摘出する必要があります。手術は局所麻酔の日帰り手術で、時間はおできの大きさにもよりますが15分程度。当日からシャワーも可能。1週間後に抜糸を行います。費用は健康保険を使って8,000円ほど。おできが小さく化膿していないうちに治療をすれば、キズあと目立ちづらくなりますので、早めの治療をオススメします。

おすすめの医療機関はこちら

 

ピアスが原因の体調不良、ピアス関連のトラブルでお悩みの方、
まずは「神楽坂肌と爪のクリニック」にご相談ください。Dr.マキが丁寧にお答えします。