ピアストラブル、その症状と治療ピアストラブル、その症状と治療

5.ピアス穴が硬く盛り上がって来た!耳介ケロイド

どんな病気?

ケロイドとは、瘢痕(きずあと)の線維成分が増えすぎて、赤く大きく硬く盛り上がってくるもの。痒みや痛みがあることもあり、胸や肩によくできます。トラブルを起こしたピアス穴に多いのですが、軟骨ピアスもリスクが高い。

治療法は?

ケロイドが小さいうちは、ステロイド薬(塗り薬、貼り薬、局所注射)、飲み薬、圧迫療法など治療も有効。ケロイドが大きく、耳たぶが変形している場合は、手術が必要となります。局所麻酔の日帰り手術で時間は10~20分程度。1週間後に抜糸を行います。費用は健康保険が効き、自己負担は8000円程度。

予防法は?

ケロイドは体質的に出来やすい出来にくいがあり、また場所によっても起こりやすい起こりにくいがあります。胸、肩などにケロイドの出来ている方はピアスを開けると高率でケロイドが出現します。ピアスをあける際は十分な注意が必要です。

おすすめの医療機関はこちら

6.耳たぶにおできが出来た!耳介アテローム(粉瘤)6.耳たぶにおできが出来た!耳介アテローム(粉瘤)

 

ピアスが原因の体調不良、ピアス関連のトラブルでお悩みの方、
まずは「神楽坂肌と爪のクリニック」にご相談ください。Dr.マキが丁寧にお答えします。