ファーストピアスの基礎知識ファーストピアスの基礎知識

3.セカンドピアスの選び方、付け方

ファーストピアスを卒業し、セカンドピアスに入れ替えてもまだ安心できません。実は、ピアス穴に安定するま更に約1年はかかるのです。それ間はトンネル内の皮膚は薄くキズつきやすく、キズつけてしまうと、ジクジクと後々までトラブルが続いてしまいます。逆に言うと、ピアッシング後1年の経過が順調であると、その後にトラブルを起こすことはほとんどありません。そのためにはセカンドピアスの選び方も重要。ここではオススメのセカンドピアスとその付け方について説明します。

初めてのピアス選び

ファーストピアスは医師が選んでくれますが、セカンドピアスは沢山の種類のピアスの中から自分で選ぶことになります。いろいろとつけてみたいデザインがあるとは思いますが、最初の一年はピアス選びは次ぎのことを注意しながら慎重に!

Point01
金属の質の良いものを選びましょう。
18金、プラチナ、チタンがトラブルが少なくオススメ。
Point02
デパートやアクセサリーショップで買いましょう。デザイン、つけやすさなどいろいろアドバイスしてもらえますよ。安いからと言ってネット通販で買うのは止めましょう。18金と表示されてても質の悪い製品が沢山あるのをご存じですか?また、道ばたで売っているようなアクセサリーは金属の質が悪くニッケル、コバルト、クロムなどが多く含まれ、かぶれの原因になりますので要注意です。
Point03
軸が長いものを選びましょう。ピアスは試着や返品ができないことが多いので買ってきた後でピアスがきついのに気がついても遅いんです。慎重に選びましょう。耳たぶが厚め(6mm以上)の方は普通のピアスではきついことが多く、トラブルの元なので有効軸長(耳たぶが通過する部分の軸の長さ)が8mmあると安心です。
Point04
スタッドピアス、キャッチピアスというファーストピアスと同じ構造のシンプルなものがおすすめ。種類も豊富で選ぶのも楽しいですよ!
Point05
ちっちゃなピアス、ひかえめでカワイイですよね。でもヘッドが極端に小さいピアスは皮膚に埋まりやすいので避けましょう。埋まって取れなくなってしまった場合は病院で取り出してもらう必要があります。
Point06
振り子の様に揺れるフックタイプ・チェーンタイプのピアスも大人っぽくて素敵ですよね。でもこのタイプや極端に重いピアスはつけ続けると穴が伸びたり、裂けたりすることがありますのでセカンドピアスには不向き。ピアス穴が安定する1年以降とし、それ以降も毎日つけないように。一度伸びた穴は手術以外の方法では戻せないんです。
Point07
沢山開けない!ピアスは数が増えるほどアレルギーのリスクがたかまります。あたらしく別の位置に開けたくなっても最低一年間は待ちましょう

ピアスの付け方の注意点

何度も繰り返しになりますが、ピアス穴が完成し、その後安定するまでには1年くらいかかります。それまではピアス穴が狭くなりやすいので、1週間以上ピアスを外したままにしないでください。ピアスを外す時間を毎日少しずつ長くしていくと良いと思います。そして、毎日耳とピアスをよくすすいで清潔に保ちましょう。また慣れないうちは、ピアスの付け外しは鏡を見ながらゆっくり落ち着いて。出かける直前など慌てた状態でつけようとしてピアス穴を傷つけるトラブルがよくあります。ピアス穴にしこりや出血などが続くようであれば、ピアスを開けてもらった病院で相談することをお勧めします。


長くなりましたが、トラブルなくピアスを楽しみたいものですね。

おすすめの医療機関はこちら

 

ピアスが原因の体調不良、ピアス関連のトラブルでお悩みの方、
まずは「神楽坂肌と爪のクリニック」にご相談ください。Dr.マキが丁寧にお答えします。